地域共創カレッジ
By 株式会社アスノオト Follow | Public

地域共創とは
都会と田舎の共なる未来に向けて
都会が田舎の経済を支えてやっている、いやいや、そもそもその稼いでいる人は、東京以外のどこかで生まれ育った人がほとんどで、都市はそんな周辺からの流入人口なしには成り立ちはしないではないか、
そんなことを思うと、この二つの問題は本当は一つの問題だと思うのです。

都会には都会の便利なところと悩ましさがあり、田舎には田舎の便利なところと悩ましさがあります。田舎で起こる過疎化や一次産業の後継者不足、都会で起こるワーキングプアや待機児童問題。
これらはそれぞれ別の場所で起こる、別個の問題ではなく繋がりを持ったコインの表裏だと考えた時、都会と田舎の両方を行き来し、二つの問題を1つの複合的な解決策によってどちらにも嬉しい未来を創る、そんなことが出来る人が増えないものかと考えるようになりました。

子どもの貧困問題が、親の労働環境問題とセットで考えないと根本解決には至らないように、日本全体にとって、多様な機会のある社会をつくり、自然と共に暮らすこと、価値を出しながら働くこと、未来に向けて誇れる時間を過ごすことのバランスの中で、一人一人が好きな自分の望むバランスで、それらの時間を過ごせることを考えた時、都会と田舎のそれぞれが別々の未来に向かってお互いのことを否定し合うのではなく、共なる未来に向けて、一緒に動く仲間として、それぞれの得意な役割を担うチームとして動けるようになっていく。

そんな「都会」と「田舎」の関係を「地域共創」が出来ている状態と定義してみました。
この言葉が21世紀の日本が目指す一つの手がかりとなることを祈って。